専業主婦お金借りる

専業主婦お金借りる方法

2010年6月18日に施行された改正貸金業法により、専業主婦がお金を借りるのが難しくなっています。

 

新たな貸金業法では、業者による「お金の貸し過ぎ」をさせないための仕組みが盛り込まれ、総量規制などが始まったからです。

 

総量規制というのは、消費者金融などが融資できる金額の上限額を

 

 原則として、年収の3分の1まで

 

と決めたものです。

 

たとえば、毎月5万円のパート収入がある主婦の場合は、年収60万円になりますので、消費者金融からの融資は「20万円」が上限額になります。

 

しかし、専業主婦には本人名義の収入がありませんので、事実上、消費者金融からは1円も借りられないことになっています。

 

 

ここで「専業主婦はお金を借りられない!」と感じてしまうかもしれませんが、この規制は、消費者金融や信販会社だけを規制しているものです。

 

規制のかかっていない銀行カードローンは、総量規制の対象外になりますので、その中から借りれるサービスを選べば良いことになります。

 

 

ただし、本人に年収がない専業主婦の利用を認める銀行は、

 

 ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック
 ・みずほ銀行カードローン

 

など、ごく限られたサービスだけです。

 

さらに、専業主婦への融資については、限度額が30万円までなど、限られた範囲での利用となっています。

 

しかし、それでも30万円までの利用ができますので、必要に応じてバンクイックやみずほ銀行カードローンに申込んでみてはいかがでしょうか。

更新履歴


このページの先頭へ戻る